ちくほくのひと番外編ちくほくの“ねこ”

ぼくは白猫のミイ。
みんなはぼくのこと「ミイちゃん」って呼ぶけど、れっきとした男だよ。
会いにくればわかるけど、結構大きくて貫禄があるんだ。
体重なんて9キロもあるんだぞ。

[ 2018年1月16日更新 ]


猫駅長誕生のきっかけ

ぼくは筑北村の坂井にある、JR東日本篠ノ井線 冠着駅の駅長さ。
みんなには“猫駅長”ってよばれてる。

猫駅長になったきっかけ?
実は、駅のトイレに置いてかれちゃったんだ。
クリスマスの朝に、ニャーニャー泣いていたら駅員のオオシマさんが見つけてくれたんだ。
みんながご飯をくれるから、そのまま駅にすみついちゃった。
オオシマさんともう一人の駅員のマエヤマさんがぼくをとてもかわいがってくれるから、とっても居心地がいいんだ。ときどきシャンプーにもつれてってくれるよ。

おかげでぼくの毛並みは真っ白くてふわふわ。いまではすっかり駅のアイドルさ。
プレゼントだってファンのみんなからいっぱい届くんだから!

猫駅長の仕事

ぼくのしごと? 
冠着駅にいて、みんなのお見送りとお出むかえをすること、かな。
いつもホームで日なたぼっこしたり、オオシマさんとマエヤマさんになでられてゴロニャンしてるだけ、なんて言われるけど、ぼくに会いたくてわざわざとおくから来るひともいるんだから!

じまんの我が家、冠着駅のこともちょっとだけしょうかいするよ。
冠着駅は、かむりきえきって読むんだよ。名前はりっぱだけど駅前はニャ~んもない。森の中にあるんだ。一つとなりの駅はとってもきれいな景色がみられるおばすて駅(※)だから、ついでにぼくのところも遊びにきてよね。

姨捨(おばすて)駅は日本三大車窓の一つで、ホームから善光寺平が一望できる。また、電車がプラットフォームへ入る際にバックするスイッチバック駅としても有名。

猫駅長の語る冠着駅周辺

山がとっても近いから緑がキラキラしてるよ。
まわりが田んぼで、道もまっすぐだから電車好きな人がよく写真をとりに来るみたい。駅にもいっぱい飾ってあるよ。もちろんぼくの写真もね。
それと、駅のとなりはマレットゴルフ場で、春になるとお花見しながらマレットゴルフができるんだ。

そうそう、お客さんから聞いたんだけど、冠着山のてっぺんからみる景色もとってもきれいなんだって。この辺りのひとは秋に、「おつきみ」っていって、みんなで冠着山のてっぺんへ登ってお月さまをみるんだ。ごちそうとお酒をいっぱいかついでね。でも、お月さまが上るころにはみんなよっぱらっちゃうみたい。なんだか楽しそうだよね。

でも、一番のおすすめはやっぱり駅かな。だってぼくがいるんだもん!

猫駅長の秘密

ここだけの話なんだけどね……猫駅長なんて呼ばれてるけど、実は電車がニガテなんだ。
天気のいい日はホームでの~んびりしていたいのにさ、大きい音を立てて電車が入ってくるもんだから、そういうときは駅の中に引っ込んじゃうよ。

そうそう、冠着駅の営業時間は7:00から15:45まで。
この時間じゃないと、事務室は閉まっちゃうよ。ぼくに会いたいなら、ぜったいにこの時間に会いに来てよね! 冠着駅で待ってるよ!

ミイさん(6歳)

出身:筑北村 職業:猫駅長 地域:坂井
JR東日本篠ノ井線冠着駅猫駅長。冠着駅前のトイレへ捨てられていたところを、翌朝駅員に発見・保護される。以後、冠着駅で勤務するようになる。

ちくほく・ほくほく体験

やっぱりオオシマさんとマエヤマさんいっぱいかわいがってくれることかな。もちろん駅にくる人たちもとってもやさしくしてくれるよ。

お気に入りちくほくスポット

冠着駅がいちばんだよ。

このページの先頭に戻る