山頂で意地でも文化祭〜杣くんと芋煮くん〜

山頂で意地でも文化祭〜杣くんと芋煮くん〜

むかーし、むかしの事じゃった。ある所に読書好きの杣人がおった。杣人は村でも大層な変わり者。興が乗ったら本棚を担いで山に登り、誰が来るとも知らず山頂で本屋をするのが好きじゃった。意味がわからぬと村の者は誰一人として、その本屋には近寄らないのじゃった。それを聞きつけた一人の若者が「なんと憐れな杣本屋、いっちょ隣で芋煮でもしてやろう」と芋煮道具を担いで山に登ったのじゃった。更にそれを聞きつけた傾奇者が珍妙なものを担いで続々と山頂目指すのじゃった。そして、山では文化祭の様相を呈してきたのじゃが、、、、

この続きは阿四屋山(あずまやさん)山頂でお確かめを。
集え、傾奇者!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イベントの詳細 //

《今の所の概要》
山頂本屋の隣で芋煮を振る舞ってます。
下界では二の足を踏んでる人、山頂で何か表現してみてください。
参加者の傾奇者具合で文化祭の厚みが変化する予定です。

《開催場所》
長野県筑北村の阿四屋山・山頂

《開催日時》
6/2(土) 11時〜14時
※雨天の場合は6/3(日)

《必要なもの》
・ユーモアと心の余裕
・登山できる体力
・出店したい人は更に余分な荷物を担ぐ体力


このページの先頭に戻る