筑北村てくてくブログ

筑北村てくてくブログ

上手山通信Vol.13 ネズミの吉田くん 〜天井から地上へ〜

※今回は天井裏のハツカネズミちゃんと、我が家の浴室が出てきます。

ご飯中は見ないほうがいいかもです。

最近は帰ったらとりあえずビールを一本やるのが日課に。

「今日は新玉ねぎがあるからカレーにしよう」

「そんで明日の弁当もカレーでいいや」

そんなことを横になりながら考え、キッチンに向かいました。

気持ちを切り替えて、まずはお皿洗いをしようと、おろしたての洗剤をスポンジにつけて。

「ふふふーん♪」

気分が乗って鼻歌なんか歌っちゃったり。

そんな時!

廊下に何かが走ったのが見えました。

狩りの本能ってやつでしょうか。

俊敏に自身の中に眠っていた感知センサーが反応したのです。

なんと廊下にネズミがいるではありませんか!

思わずギョッとなって思考停止。

10秒くらい静止して「これはただ事ではない」と洗い物を中断。

ネズミの捕獲にかかりました。

苦労の末なんとか風呂場に追い立てました。

こいつです!

>続きを読む

上手山通信Vol.12 〜イノシシノニク 〜

上手山通信のロゴ、色を変えてみました。

前は土色でしたが、夏への想いを込めて爽やかにしてみました。

お気付きのあなたは立派な上手山通信のリピーターということになります、

どうも日頃ご愛好いただきありがとうございます。

 

 

さてさて、今回のテーマは「酒のアテ」です。

アテとは、要はお酒を飲む上で欠かせないおつまみのことです。

 

◯4月22日(日)

この日は夏のような陽気でした。

あまりに暑いので冷奴をこさえました。

 
>続きを読む

4/22(日)朝さんぽ ♪~イチゴ狩りと春の花散歩~

今回の朝さんぽは、いちご狩りのできるコース(2.8キロ)と、いちご狩りのないレギュラーコース(4キロ)の2コースで行われました♪

朝さんぽの後に、摘みたてのイチゴを頂けるなんて、うれしい日曜日の朝の始まりですね。
それでは、第27回朝さんぽ♪桜咲く~イチゴ狩りと春の花散歩~レッツゴー! >続きを読む

上手山通信Vol.10 〜春のめぐみ〜

 

 

 

課内の先輩が

「つくし生えてるぞ」とボソリと言うものだから、

春のめぐみを猛烈に意識してしまいました。

というのも、4月になって春だ春だ!と喜んでいたら、

ふきのとうが家の周りにどさっと生えていました

 

>続きを読む

上手山通信Vol.9 ~私の1枚~

 

 

 

つい最近ケータイのキャリアを大手から離れ、今話題の格安simなるものにしました。

おかげで月々の利用料が6,500円から3,000円に!

それに伴って、ケータイも変わりました。

今回はそんな衣替えの時期に、写真フォルダの中身を振り返ってみたところ、

色んな写真が出てきたので、それを紹介しようという企画です。

 

◯4月上旬

緑が地面に芽生え、若干のくもり空にどーんと構える北アルプス。

中央には9分咲きの大きな桜の木。

写真の技術は拙いものの、これは僕から言わせれば「満足の1枚」です。

>続きを読む

上手山通信Vol.8 ~田舎で暮らす。気になるお金の話~

 

 

3月4日天気晴れ。

春真っ盛り。

アルプスがあまりにもくっきりと美しすぎて「ネットのフリー素材じゃなかろうか?」と思ってしまいます。

本当はよく出来たアルプスの絵を見せられているんじゃないのか?

と思うくらいに現物のアルプスは美しいのです。

 

今回は「田舎暮らしを始めたい方に少しでも有益な情報を」と思いまして、

僕の給料とその内訳を分析してみることにしました。

というのも、「そもそも田舎で生活するのにはいくらかかるのか」

というのが移住希望者にとっての一番欲しい情報だと思ったからです。

それについて話すために、まず自身の前情報を少し書かせて下さい。

>続きを読む

上手山通信Vol.7 ~最寄りの街灯~

 

3月3日はおおむね満月でした。

雲の間からチラチラ月が見えるたびに、あたりは輪郭が分かるくらいに明るくなりました。

 

ふと気になって、月の年齢を調べてみました。

なんと、44億歳らしいです。

え?44おく?オーーーマイッガーーーー!

月は人類よりはるかに大先輩でした。

いつも見回りお疲れ様です。

 

>続きを読む

郷土食『やしょうま』の作り方~体験レポート~

皆さん、やしょうまってご存知ですか?

http://chikuhoku.jp/blog/httpchikuhoku-jpblogyashoma/

↑一年前のブログも見てね。

知っているあなたは多分信州の方、もしくは信州通の方でしょう。

やしょうまとは簡単に言えば、金太郎飴のお餅バージョン。

昔は良くおやつとして食べられていた郷土食なのです。

文で説明するより写真を見たほうが早いですね。

 

>続きを読む

このページの先頭に戻る