乱橋

江戸時代、北国西街道・善光寺街道が通り、宿場と宿場を結ぶ間(あい)の宿として栄えました。この乱橋は松本方面から善光寺に向かうコース、松本市四賀地区の会田宿と、坂北青柳宿のほぼ中間点にあたり、西条とともに長い旅の小休止の場所として利用されました。今でも古い家並みが往時の面影を偲ばせます。

地元のご協力により乱橋地区の散策ガイドを作成しました。

乱橋散策ガイド(PDF)


このページの先頭に戻る